01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

ママ必見!! 子供のヘアアレンジ☆

わかりやすいをめざして、へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が、参考にしていただけるように、記事にしています。

はじめまして

日本一わかりやすい
ヘアアレンジブログを目指しています。

当ブログの記事で、わかりづらい事がありましたら
コメントにて指摘くださるととっても嬉しいです!!

質問、ご相談等ありましたら、
お気軽にコメントください★

また、質問や相談等は下記メールフォームでも
受け付けています♪
↓ ↓ ↓ ↓ 
メールフォーム

どんなことでもメールお待ちしています☆彡
ブログの感想もお待ちしてます♪

ランキング登録させていただいてます☆
よろしければ応援よろしくお願いします(^-^)/
あなたのクリックがここあの励みです゚(゚´Д`゚)゚

にほんブログ村 美容ブログ ヘアスタイル・ヘアアレンジへ

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

縮毛矯正がもつ期間はどのぐらい?期間を長持ちさせる方法を紹介 

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、ここあです。



真っ直ぐな髪って憧れますよね。


髪のクセが強い人や髪のうねりがすごい人などは
1度ぐらい縮毛矯正しようかなって考えたこともあると思います。



でも、1度縮毛矯正をしても
どのぐらいの期間もつのかわからないと
なかなか縮毛矯正をかけようとは思えませんよね。




せっかく高いお金をかけたのに
すぐに縮毛矯正がとれて髪が元通りになったら嫌ですよね。




今回の記事では
縮毛矯正がどのぐらいの期間もつのか
長持ちさせるにはどうしたら良いのかを紹介します。







縮毛矯正がもつ期間は?




縮毛矯正は1度かければ半永久的にもつって言われています。


でもこれは矯正をかけた部分だけで
新しく生える髪はクセがついてたりうねったりします。




なので髪が生え変わるまでは髪の毛はまっすぐのままです。




髪の毛は大体1ヶ月に1㎝伸びます。



3ヶ月もすると髪の根元の方がうねうねしてきたりします




なのでクセの強さやクセが出る部分によりますが
縮毛矯正がもつ期間は大体3ヶ月ぐらいです。



クセの弱い人や根元のクセが目立たない人は
ドライヤーとクシを使ったりヘアアイロンを使うことで
6ヶ月ぐらい期間を持たせることもできます。



縮毛矯正をかける美容師によっては
かけてから1ヶ月ぐらいでとれてしまうことがあります。



そういう時はお店に言えばかけ直してくれると思うので
美容師さんに相談してみましょう。





縮毛矯正の期間を長持ちさせる方法




1、縮毛矯正をかけた日はシャンプーはしない



縮毛矯正をかけた日は髪を洗わない方が良いです。


縮毛矯正をかけたばかりはクセがつきやすくなっているので
かけた初日にお風呂に入ると、せっかく真っ直ぐにしたのに
すこし髪がクセっぽくなることがあります。



縮毛矯正は1剤をつけて髪を柔らかくして
熱を使って髪を真っ直ぐにしてから
2剤をつけて髪をもとの堅さに戻します。




髪が本当にもとの堅さに戻るまでは
48時間ぐらい空気に触れていないといけません。



なので縮毛矯正をかけてから48時間は気をつけてください。


髪が柔らかい時にクセをつけると
髪が堅くなってからクセがとれなくなります。



仕事などで髪を洗わないなんて出来ないって人は
ゴシゴシ洗うとするとクセがつくことがあるので
優しく撫でるように洗いましょう。




休みなどで時間がある人は
出来れば48時間は髪を洗わないのが良いと思います。






2、髪はすぐ乾かす



お風呂を上がったらなるべく早く髪を乾かしましょう。



髪が濡れている時はクセがつきやすくなっています。
髪を乾かさないで寝たりすると
すぐにクセがつきます。


髪が濡れたまま寝ると髪が枕と頭皮にはさまれて
擦れることでキューティクルが落ちて髪が傷んでしまいます。



ドライヤーをする時は
髪から20㎝ぐらい離して
根元の方から乾かしましょう。



毛先は完全に乾かさないで少し湿ってるぐらいにして
あとは自然乾燥にしましょう。





3、髪は優しくあつかう



髪を洗うとき、髪を乾かすときに
ゴシゴシ洗ったりタオルでゴシゴシ拭いていると
髪も傷むし、へんなクセがつくことがあります。



髪を洗う時は優しく撫でるように洗って
頭皮を指の腹で押しながらマッサージをしながら洗いましょう。



濡れた髪を拭く時はタオルで優しく叩くように拭きましょう。
濡れた髪をタオルで挟んでトントンと叩くと良いです。







4、トリートメントを使う



毎日トリートメントをやっていると
髪にクセがつきづらくなります。



トリートメントは髪の周りに
髪を守るコーティングをしてくれます。



縮毛矯正をした後は髪が傷んでいて
キューティクルが傷ついていて、髪が傷みやすくなっています。



トリートメントはキューティクルの変わりに髪を守ってくれます。



髪を乾かす前に洗い流さないトリートメントなどを使って
髪を乾燥から守るのも良いと思います。






5、帽子やヘアゴムを使わない




帽子やヘアゴムを使うと髪にクセがついてしまいます。



日頃から帽子やヘアゴムは使わないようにしましょう。
縮毛矯正をしてから3日間ぐらいは絶対にやらない方が良いです。




夏場など汗をよくかく季節に帽子をかぶっていると
おでこの生え際などにクセが出来てしまいます。







6、マイナスイオンドライヤーを使う




髪の水分が無くなると
髪がパサパサになってクセがつきやすくなります。




マイナスイオンドライヤーを使うと
マイナスイオンの周りに水分がたまるので
髪の水分が外に逃げないようになります。



なので美容室でもマイナスイオンドライヤーがよく使われています。



髪から水分を無くさないためには
洗い流さないトリートメントをしてから
ドライヤーをすると髪の水分が蒸発しないので
クセがつきづらくなります。





日頃からちゃんとケアしていれば
縮毛矯正をしてから4ヶ月〜半年ぐらいは髪が真っ直ぐのままです。



縮毛矯正をかける回数が一回減れば
髪の痛みも減るし、金銭的にもお徳です。


なので、毎日しっかりヘアケアをするようにしましょう。





タメになったなー面白かったなーと思っていただけた方は
ポチッと応援よろしくお願いします(^-^)/
あなたのクリックがここあの励みです゚(゚´Д`゚)゚

にほんブログ村 美容ブログ ヘアスタイル・ヘアアレンジへ
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kidsxhair.blog.fc2.com/tb.php/238-aa921c55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

i2i

リンク集

アクセスランキング

kcタグクラウドV1.3

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。