06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ママ必見!! 子供のヘアアレンジ☆

わかりやすいをめざして、へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が、参考にしていただけるように、記事にしています。

はじめまして

日本一わかりやすい
ヘアアレンジブログを目指しています。

当ブログの記事で、わかりづらい事がありましたら
コメントにて指摘くださるととっても嬉しいです!!

質問、ご相談等ありましたら、
お気軽にコメントください★

また、質問や相談等は下記メールフォームでも
受け付けています♪
↓ ↓ ↓ ↓ 
メールフォーム

どんなことでもメールお待ちしています☆彡
ブログの感想もお待ちしてます♪

ランキング登録させていただいてます☆
よろしければ応援よろしくお願いします(^-^)/
あなたのクリックがここあの励みです゚(゚´Д`゚)゚

にほんブログ村 美容ブログ ヘアスタイル・ヘアアレンジへ

スポンサーサイト 

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

お子さんのヘアアレンジについて‐保育士さん視点‐ 

このエントリーをはてなブックマークに追加



こんばんわー


最近寒さにイラついてます。笑

イラついてもどうしようもないのですが、

寒さに弱い私は本当に朝も夜も本当にイライラしてしまいますねー(´・ω・`)

まあ、こんなこと言ってもしょうがないんですが。。。


今日はちょっとした豆知識を。


これは知り合いの保育士さんから聞いた話なのですが、

保育園や幼稚園で過ごす時の髪を過ごしやすさ重視で

アレンジして欲しいというお話です。


例えば夏なんかは、お団子1つの髪がやっぱり

涼しくて過ごしやすいですよね。


夏でも可愛さ重視で首にへばりつく髪型をしていたりすると

お子さんが髪をうっとおしそうにかきむしっていたり

はたまた汗疹になっていたりするそうです。


逆に冬はむずかしいですよね。

静電気と寒さを防がないといけない。

わたしとしたら、絡まるのをほどいたりするのが、

静電気を発生させる原因にもなるので

三つ編みくらいはしてあげていてもいいかなと思います。


可愛くしていっても、ほどけてしまって、直して欲しいと

ばかり言われる保育士さんもいらっしゃるようで、

直すのはいいけど、お子さんが乱れを気にすることが

また、ちょっぴりかわいそうなんだとか…


そういうのを考えたことなかったのですが、

私も、そう言った感じのヘアアレンジを考えていかなくちゃなーと

思いましたね。


現在、ブログに載ってるのはおめかしする用になってますが

今後はそう言った感じのアレンジも載せていきますので

お楽しみに♪



では、今日はこのへんでー☆彡


またあしたー!!
関連記事
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: がんばれ☆子育てママ - janre: 育児

cm 2   tb 0   page top

コメント

No title

私は保育士を目指しているので、なるほどと思いました!
こういったことは授業では教えてもらえないだろうし、実習や就職したときに知っておいて損はないだろうなと思いました。
この記事を書いて下さってありがとうございます!!
ゆみっこ∞ #OtkKC6aU URL [2013/02/11 02:31] edit

Re: ゆみっこ∞さん



コメントありがとうございます!!
お返事遅くなってすみません><

保育士さんを目指しているんですねー!!

いえいえ!!やっぱりヘアアレンジは

可愛いだけではなく簡単で役に立つといった面も
大切ですからね♪

お力になれて良かったです(´∀`)
ここあ #- URL [2013/02/16 02:05] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kidsxhair.blog.fc2.com/tb.php/86-bd808d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

i2i

リンク集

アクセスランキング

kcタグクラウドV1.3

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。